消費者金融のアコムに申込む時に利用して欲しい仮審査

消費者金融アコムに申込む際に利用して欲しい仮審査

 

アコムなど消費者金融を利用しようとして、審査のことを考えると不安になることはありませんか?

アコムなど大手の消費者金融では本審査の前に「3秒診断」などの仮審査がオススメ!

審査に落ちたらどうしようと考えると、申し込みに消極的になってしまいがちです。審査というのはどう行われるのか、どういう基準で合否を決めるのか、よくわからないとことが多いです。

 

そこでオススメなのが、

アコムの「3秒診断」

ちなみに他にも大手の消費者金融も紹介しておきます。

プロミスの「お借入診断」
モビットの「お借入診断」

内容は、いくつか異なる箇所もありますが、概ね質問してくる内容は3項目でだいたい同じと言えます。

アコム「3秒診断」

【年齢】【性別・独身既婚】【他社のお借入状況について】の3項目になりますが、アコムでお借入可能か瞬時に結果がわかります。
アコムでは他と違い、年収を聞いてこない代わりに、性別・独身既婚を聞いていきます。

 

消費者金融には利用できる年齢制限があります。実はこれもここに掲載した消費者金融それぞれの年齢制限が異なります。アコムに関しては「契約の基準は、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」と表記されています。他にはプロミスは20歳から69歳まで。そしてモビットは20歳から65歳までとなっています。

 

他社からの借入状況はとても重要で、今の時点ですでに他社から借入れがあった場合、その金額を入力する必要があります。
また、銀行での住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠は【他社のお借入状況について】には含まれないので、記入箇所にはゼロで大丈夫です。
※この3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

プロミス「お借入診断」

【生年月日】【年収】【現在のお借入金額】の3項目の簡単入力で、プロミスでもお借入可能かすぐに結果がわかるというものです。「お借入可能か?」の結果を確認したら、入力内容はそのまま続けてお申込みも可能なのが親切です!こちらも、銀行での住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠を除く他社のキャッシングとなります。
※診断結果は簡易的なものです。実際のお申込みでは、より詳細なお客さま情報に基づいてご審査いたしますので、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

モビット「お借入診断」

【生年月日】【税込年収】【現在他社借入れ金額】の3項目になっています。

 

それぞれ、年収を聞いていますが、年収の額に対して差別化しているわけではありません。総量規制という制度によって年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないという法律になっていますので、その部分を確認しているというわけです。現在残っている他社からの借入れが、年収の3分の1を超えていた場合は新たに消費者金融での借入れはできません。

 

申し込んでみないとわからないことですし、審査を行うところは往々にして審査に落ちた理由を教えてはくれません。審査に落ちた理由がはっきりしていれば、もう諦めるか、改善して出直すかできますが、理由がわからないままですと、今度は別の消費者金融にチャレンジしてみようという気持ちになってくるかもしれませんが、それは危険です。

 

借入れ診断で聞いてくることを見てみると、審査の基準がわかってきます。自分の年齢はどうか?年収に対してすでに借りている額はいくら残っているのか、まずここをクリアしないと本審査には行けません。

 

ここで注意して欲しいのは、
消費者金融のほとんどが利用している「信用情報機関」というところがあって、お申込みしたお客様の個人情報を確認することが可能です。ほとんどの消費者金融が共通の情報網を利用していますので、「ここで落ちたから今度はあっち」という訳にはいかないですし、それは危険です。

申し込みは消費者金融を数社同時に行うのはNG。

上記のような同時申し込みを勧めている個人サイトがあったりしますが、これは危険です。先ほどの「信用情報機関」でのデータのやり取りも進歩していますので、同時といっても申し込み履歴は瞬時に残りますので、一番目に申し込んだ消費者金融はまだ良いですが、2番目、3番目と申し込みのあった消費者金融では、同時申し込みを理由に拒否ということになります。

 

審査に落とされる理由としては、とにかく闇雲に申し込みをかけているお客様に関しては、無計画で切羽詰まっている状況と判断され、返済のことまでとにかく借りたい一心で申込んでるという状況と捉えられます。たくさん申込みをかけて、どこかの消費者金融が拾ってくれるだろうと安易な考えはやめましょう。